研修・居住支援に関する企画 ~全居協会員からのご紹介~

<2021年住まいは人権デー> 

外国人住民の生活困窮ーすべての人に居住保証を

開催団体:国民の住まいを守る全国連絡会(住まい連)

     住まいの貧困に取り組むネットワーク

     日本住宅会議・関東会議

 

 ○ 国連の「人間居住会議」(ハビタット)は、1996年6月にトルコのイスタンブールで開催した第2回国際会

   議で「適切な住居に住む権利を、完全かつ前進的に実現することを改めて宣言」しました(6月14日)。

   宣言は日本政府も賛成、その後、私たち住宅関係団体は、毎年6月に「住まいは人権デー」の取り組みを行い、

   この宣言の実行と住宅政策の転換をめざしています。

○ 今年はコロナ禍での外国人住民の生活・住宅実態と居住保障をテーマに交流します。

 

【開 催 日】2021年6月12日(土)14:00~16:00 

【会   場】練馬区民プラザ・ココネリ3階研修室1    

【申込方法・問合せ】お申込み・問合せはこちらをクリックしてください。

*申込み時に会場参加・オンライン参加をお選びください。

詳しいご案内(チラシ)はこちらをクリックしてください。

 

【集会プログラム 】   コーディネーター 松元ちえ(ジャーナリスト)

 ■ 開会あいさつ-「ハビタットⅢと住生活基本計画」 坂庭国晴(住まい連代表幹事)

 ■ 講 演 「深刻な生活と住宅の困窮-求められる支援」―入管法にもふれて

       稲葉奈々子上智大学教授 (移住者と連帯する全国ネットワーク)

       ―外国人当事者からの発言もあります―

 ■ コーディネーターからのコメントと問題提起

 ■ 会場からの質問、発言、意見交流 発言 惠羅さとみ法政大学社会学部准教授